社会医療法人博愛会相良病院 乳がん検査・手術・術前術後治療に40年以上の実績・乳腺科専門外来を備えています。

社会医療法人博愛会 女性のための専門病院
社会医療法人博愛会女性のための専門病院
Loading
社会医療法人 博愛会 相良病院 新病院プロジェクト

社会医療法人 博愛会×SIEMENS

HOME > 博愛会について > 部門紹介 > 画像検査部

画像検査部


乳がんの早期発見に、マンモグラフィや超音波による画像診断は、大きな役割を果たします。特に非浸潤がんといわれる超早期がんや、手に触れないような小さな乳がんの発見も可能になりました。

乳がんの早期発見は、術後の予後やQOLを大きく向上させます。しかしながら、画像による早期がんの発見には、熟練した技師の手技・判断と医師の確かな診断が必要とされます。そのため私たち画像検査部では、医師・看護師・薬剤師など他部署とともにカンファレンスへの出席、毎月の症例検討会、ミーティングや研究発表、学会発表などを通じて部内での研鑽とチーム医療の実践を行っています。

画像検査部は、マンモグラフィ・超音波検査を使った検診から精密検査を中心にCT、MR-PETによる検査や放射線治療などの検査業務に携わっています。

検査件数(2016年実績)

マンモグラフィ 28,714件(検診車を除く)
超音波 34,129件(検診車を除く)
CT 5,660件
RI 4,027件
骨塩定量検査 3,804件
一般撮影 8,396件
X線透視検査 1,331件
MR-PET 315件(2016年11月〜稼働)
放射線治療 463名

スタッフ

診療放射線技師 25名  2017年4月1日 現在


認定技師

使用機器