社会医療法人博愛会相良病院 乳がん検査・手術・術前術後治療に40年以上の実績・乳腺科専門外来を備えています。

社会医療法人博愛会 女性のための専門病院
社会医療法人博愛会女性のための専門病院
Loading
社会医療法人 博愛会 相良病院 新病院プロジェクト

社会医療法人 博愛会×SIEMENS

HOME > 博愛会について > 沿革

沿革


1946年8月

現中央警察署地にて外科医院開業 病床12床

1948年4月

現在地へ移転 病床19床

1953年1月

医療法人博愛会開設
増築 22室 病床35床

1958年2月

増築 28室 病床61床

1964年4月

増築 37室 病床70床

1965年10月

胃腸科 増科

1966年5月

脳神経外科 増科

1973年4月

乳腺エックス線撮影装置「マンモグラフィ」導入(九州初)
乳腺外科の専門的診療開始

1977年3月

電子写真法エックス線撮影装置「ゼロラジオグラフィ」導入(西日本初)

1980年4月

増築 57室 病床100床

1985年10月

乳がん体験者の会つどい「いずみ」設立(会員数現在1000名)

1986年12月

高周波温熱治療装置「ハイパーサーミア」導入

1989年10月

乳腺専用エックス線撮影装置「セノグラフ600T」導入
(国内導入第T号機)
改築 50室 病床100床
乳腺患者専用フロアー設置・療養環境整備

1991年4月

全身断層装置「CTスキャナー」導入

1992年4月

外来部門改築
乳腺センター併設

1992年6月

婦人科 増科

1994年9月

末梢血幹細胞採取装置「フレゼニオスAS−104」導入

1995年4月

乳がん検診精密検査実施協力医療機関登録
子宮がん検診精密検査実施医療機関登録

1996年2月

リニューアル工事に伴い病院仮移転

1997年3月

脳神経外科 減科

1997年4月

医療施設近代化施設整備事業の承認を得てリニューアルオープン

1997年4月

専門病棟40室 病床60床
緩和ケア病棟14室 病床21床

1997年6月

創立50周年およびリニューアル記念式典
緩和ケア病棟「ヴィベーレ」併設(全国32番目 県下初)

1998年8月

乳腺専門X線撮影装置「セノグラフDMR」導入
整形外科 減科

1998年9月

内科 増科

1998年11月

日本乳癌学会 研修施設認定

1999年1月

日本医療機能評価機構認定施設(一般病院・種別A)

1999年7月

乳房用3次元バイオプシー装置「ステレオテックス2」導入
細胞診検査室新設

1999年11月

全身断層撮影装置「ヘリカルCTハイスピード」導入
日本乳癌学会研修施設

2000年4月

政府管掌健康保険生活習慣病予防健診実施医療機関として認定

2000年6月

いやしのリハビリセンター増設

2000年10月

乳管内視鏡MS611−0.7導入

2000年11月

麻酔科 増科
ショー加熱メス導入

2001年1月

カルテファイリングシステム導入

2001年2月

セコム・セサモID管理システム導入

2001年6月

第一手術室麻酔記録装置AR−600導入

2001年7月

第二手術室麻酔記録装置AR−600導入

2001年8月

セノグラフ800T導入

2002年4月

特別医療法人へ移行

2002年4月

外来化学療法室設置

2002年5月

RI核医学検査装置導入

2002年6月

放射線科 増科

2002年6月

高精度超音波診断装置導入

2002年6月

高感度免疫分析システム導入

2002年6月

緩和ケア病棟設立五周年記念行事

2003年1月

外来クリニック「さがらクリニック21」開設
人間ドック「ウェルライフ」開設

2003年3月

診療録管理室 新設

2003年4月

さがらクリニック21 乳がん・子宮がん精密検査協力医療機関

2003年4月

病理診断室 新設

2003年8月

倫理委員会 設置

2003年9月

外来化学療法センター増設

2003年12月

日本検診学会マンモグラフィ検診・画像認定施設

2003年12月

日本外科学会外科専門医制度修練施設

2003年12月

臨床試験審査委員会設置

2004年1月

日本医療機能評価機構 更新認定(一般病院)

2004年3月

卒後臨床研修病院指定

2004年4月

日本臨床細胞学会認定施設

2004年11月

胃腸科 減科

2005年6月

骨塩定量測定器導入(HOLOGIC社製DISCOVERY)

2005年7月

17年度厚生労働省マンモグラフィ緊急整備事業の補助を受けて
デジタルマンモグラフィ検診車導入

2005年7月

超音波検診車導入

2006年4月

博愛会経営統轄本部の設置

2006年7月

NEC MegaOak SyntheScope 電子カルテシステム導入

2006年10月

『女性にやさしい医療機関』として鹿児島県より相良病院と
さがらクリニック21が指定

2007年1月

さがらパース通りクリニック(18床)開設
診療内容
・放射線診療センター ・甲状腺診療センター ・人間ドック ウェルライフ

2007年1月

18年度厚生労働省マンモグラフィ緊急整備事業により人間ドック
ウェルライフにデジタルマンモグラフィを導入

2007年3月

さがらパース通りクリニックにて、「フォーカルユニット(リニアックCT)」による治療開始

2007年3月

18年度厚生労働省マンモグラフィ検診遠隔診断支援モデル事業により
読影施設として認定

2007年4月

経営統括本部・事務局を統合して、博愛会法人本部を設置

2007年4月

品質管理対策室 設置

2007年6月

緩和ケア病棟 ヴィベーレ開設10周年記念誌発行

2007年6月

法人本部移転 讃岐ビルからさがらパース通りクリニック内へ

2007年7月

医療連携室 設置

2007年9月

パース通りクリニック 第20回日経NEWオフィス賞 九州・沖縄地区奨励賞

2007年11月

マンモグラフィ検診遠隔診断支援モデル事業本格稼動

2008年3月

メディカルフィットネス・ウェルライフ 開設

2008年3月

ウェルライフ・カフェ 開設

2008年4月

診断群分類別包括評価(DPC)導入

2008年4月

リンパ浮腫外来 設置

2008年4月

マンモトーム生検装置導入

2008年12月

乳がん卵巣がん遺伝相談外来開設

2009年 1月

日本医療機能評価機構 更新認定<Ver.5>(相良病院)

2009年 3月

鹿児島県がん診療指定病院認定(単独・乳がん)

2009年 4月

標榜科目の改定
(病院)外科を減じ、乳腺外科・内科・婦人科・疼痛緩和内科・内分泌外科・病理診断科・麻酔科・放射線科に変更
(さがらクリニック21)外科を減じ、乳腺外科・内科・婦人科に変更
(さがらパース通りクリニック)外科・放射線科を減じ、乳腺外科・内分泌内科・放射線診断科・放射線治療科・内科・婦人科に変更

2009年 5月

人間ドック健診施設機能評価認定

2009年 11月

へき地医療を担うため、上甑島診療所へ医師派遣開始

2010年 4月

博愛会法人本部を博愛会事業本部として組織改編

2010年 8月

相良病院の病床数を81床から80床へ変更

2010年 12月

さがらクリニック21の標榜科目に「放射線診断科」を追加

2010年 12月

さがらパース通りクリニック 「日本甲状腺学会認定専門医施設」に認定

2011年 4月

相良病院 「日本緩和医療学会認定研修施設」に認定

2011年 4月

社会医療法人の認定を受け、特別医療法人博愛会から社会医療法人博愛会へ移行

2011年 4月

相良吉厚理事長は会長に、相良吉昭副理事長は理事長に就任

2011年12月

日本医療機能評価機構 緩和ケア機能認定を取得

2012年1月

さがらクリニック21は、相良病院附属ブレストセンターに名称変更

2012年5月

さがら女性クリニック開設

2013年5月

子どものケア(CLIMB©プログラム)開始

2013年6月

遺伝性乳がん卵巣がんリスク軽減予防切除術承認

2013年9月

離島にて乳腺特別外来開始

2014年8月

特定領域がん診療連携拠点病院(乳がん)認定

2014年11月

鹿児島県におけるへき地医療拠点病院認定

2015年4月

医療法人ブレストピアと業務提携

2015年4月

シーメンス・ジャパンとパートナーシップを締結

2015年4月

事業本部内に、総務・人事部を設置し、組織改編

2015年5月

博愛会マスタープランを制定し、新病院計画を発表

2015年12月

形成外科 増科

2016年1月

シーメンス社製ハイエンド超音波画像診断装置 導入

2016年4月

医療法人真栄会新村病院と業務提携し、ヘルスケア パートナーズ ネットワークを設立

2016年9月

外国人医師臨床修練病院(新生物領域)指定

2016年11月

シーメンス社製全身統合型 MR-PET システム導入

2016年12月

医療法人月桃会と業務提携

2016年12月

医療法人ブレストピア、医療法人月桃会と共に、さがらウィメンズヘルスケアグループを設立